ひらめきココはぽっちゃりメイド喫茶「ぽメらにあん」の旧ブログですひらめき



ブログお引越ししました


新アドレスはNEW こちらNEW




http://pochapomaid.hibari-tei.com/





2010年05月09日

ぼくを探しに

100509_042639.jpg

学生時代に点字で絵本を作ることになって選んだ作品がこれでした。

「何かが足りない、それでぼくは楽しくない」
から始まって、歌ったり遊んだりしながら自分のかけらを探す旅に出るお話です。

やっと見つけたピッタリのかけらを自分にはめてみたら
「なるほど、つまりそういうわけだったのか」
と呟いてかけらを捨て、また自分探しの旅に出る。

深いです。
読み手によって捉え方が変わります。
さくらの捉え方は、不完全であることの楽しさの素晴らしさ、かな?

同じく絵本だと『あおくんときいろちゃん』『星の王子さま』辺りは大人が読んでも(むしろ大人が読んだ方が)想像力を掻き立てられて面白いかも。

難しい本が苦手だから絵本に逃げているのでは?と思われそうなさくらでした。でも本当に面白いですよ、絵本!

■さくら■
posted by ぽメらにあん at 13:57| Comment(4) | ぽメイド日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
絵本かあ・・・、今は映像でものを見ることが多いのでたまに本を読むのは、新鮮ですね。

アニメで見たものが、絵本で見直すとまた違った味わいがありますよね。子供が小さい頃、かいけつゾロリや忍玉乱太郎とか一緒によく読みました。

映像では、作者の伝えたい大切なことが意外と聞き流されてしまうのですが、絵本だとパラパラとページをいったりきたり出来るので、大切なシーンを活字と絵で読み聞かせることができますからね。

昔、海外旅行に行ったとき、くまのプーさんの絵本(もちろん英語しかないやつ)を買って本棚にしまっておいたら、小さい頃のうちの子供は、すっと取り出してパラパラと絵を見て楽しんでたなあ。
文字は分からなくても、絵をみて自分なりにストーリーを作っていたのかも(笑)。

あ、肉食系のおっさんには絵本より・・・かな。

・・・答え→電車の本でした(汗)。
Posted by こうたんパパ at 2010年05月10日 14:37
■こうたんパパ様■
素敵なお話ありがとうございました!

電車の本とは…写真集のようなものがあるのでしょうか?それとも時刻表とか?さくらは機関車トーマスなら絵本で読んでいたような…。

子供の想像力ってすごいんでしょうね。
でも個人的には海外旅行で絵本を買ったこうたんパパ様のセンスが素敵だと思うのですが(*^-^*)

忍玉乱太郎は大人になって設定を知って見返したらまた違った味わいがありました〜(笑)。
Posted by さくら at 2010年05月12日 01:08
はじめまして。
私もその本好きです。
学生時代に読書感想文を書きました。

続編(?)があるのをご存じですか?
おすすめですので、機会があったら是非読んでみてくださいね(^ω^)
Posted by 如月 at 2010年05月24日 10:11
■如月様■
はじめまして(*^_^*)
読書感想文にはもってこいの絵本ですよね♪
手軽に読めるのに内容は深い!
如月様に教えていただいて続編があることを知り、早速調べました。続編はかけらが主役なのですね〜!
読みたくてうずうずしてますo(^o^)o
図書館に行かなくては…!
とっても嬉しい情報、ありがとうございました☆
Posted by さくら at 2010年05月25日 13:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。